チョコレート ヲ タベナイヒ ハ アリマセン ONE DAY CHOCOLATE -nao- 中村屋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
中村屋
NEC_06311.jpg


今朝の中村勘三郎さんの訃報
まだ信じられない。。。

この写真のぼろぼろの手帳は私の宝物です。

まだ勘三郎さんが勘九郎さん時代に楽屋口で書いてくださったものです。
楽屋口って
出待ちをするきれいなお召し物や巻き髪の女性がいっぱい・・・
学生の私は服装もぼろく、髪も金みたいな色だからなんとなく肩身が狭かったのを覚えています。
その日はなんでか、のぞきにいってみたんです。
するとみんなはきちんと色紙と筆ペンみたいなものを持ってる、
私には何の用意もないので手帳とボールペンでとりあえず待ってみました。
勘九郎が出てきた!と思ったら
「見てくれてたの、そーかぁ、ありがとねーっ」て明るく言いながらこれを書いてくれました、
しかも開けたページをを閉めて「ここでいい?」と言いながら表紙に!!
おおーー、
嬉しくて嬉しくて、帰り道しばらく手がブルブルだったのを覚えています。

あの頃はバイト代をつぎ込みキラキラした夢のような憧れの世界を観るために
毎月行ってたな・・・。


ヒザのやぶけた金髪の女の子でも優しく声をかけてくれた大きな心の勘三郎さんのお芝居がもう見られないのはとても残念です。復帰して人間国宝になったりしてすっごいおじいさんなのに娘道成寺を踊ってしまうようなお姿を普通に想像してました・・・残念です。


スポンサーサイト



( 2012.12.05 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
     すべての掲載作品、画像の無断使用・転載・複製・配布を禁じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。